抗菌スプレーに涼しさ 浜松の企業開発、夏場マスクに一吹き

 浜松市東区の環境関連装置開発「コバテクノロジー」は、銀イオンと白金ナノコロイドを主成分に、冷涼感をもたらすメントールを配合した抗菌・抗ウイルススプレー「にこるんVGクール」(90ミリリットル、税抜き900円)を開発した。コロナ禍の夏場におけるマスク着用時での有効活用を想定し、今月中に薬局や雑貨店などで販売開始する。

メントール配合のマスク用抗菌・抗ウイルススプレー「にこるんVGクール」(青色)=浜松市東区のコバテクノロジー
メントール配合のマスク用抗菌・抗ウイルススプレー「にこるんVGクール」(青色)=浜松市東区のコバテクノロジー

 独自の技術で成分を融合し、抗菌能力などを最大限高めた。マスクの外側から1、2回噴霧すれば、冷涼感を含めた効果が3時間ほど持続するという。50万本の販売を目指す。
 メントールなしで無臭のタイプ(100ミリリットル、同850円)もあり、ドアノブや机などの除菌に使える。小林剛社長(79)は「バッグに入れて持ち運ぶのに便利な大きさ。夏場を乗り切るために役立ててほしい」と期待する。
 問い合わせは同社<電053(463)6100>へ。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0