静岡新聞NEWS

TOKAIがベトナム市場に参入 LPガス販売、現地大手に出資

(2020/7/7 11:51)
ペトロセンターグループのLPガス拠点=ベトナム(TOKAIホールディングス提供)
ペトロセンターグループのLPガス拠点=ベトナム(TOKAIホールディングス提供)

 TOKAIホールディングス(HD)は6日、子会社のTOKAI(静岡市)がベトナムでLPガス事業に参入すると発表した。現地大手のペトロセンターグループに出資し、一般家庭や企業向けに販売する。
 TOKAIが海外でLPガス販売を手掛けるのは初めて。日本国内で培った保安技術を生かして販売拡大につなげ、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場の開拓に弾みをつける。
 いずれもペトロセンターグループで、同国中部を拠点とするMTG社、南部が地盤のV―GAS社の株式をそれぞれ45%取得した。出資額は明らかにしていない。
 ベトナムは豊富な労働人口と海外からの投資増加を背景に高い経済成長が見込まれ、市場拡大の余地が大きいと判断した。TOKAIの保安技術や安定供給といったノウハウを活用して競争力を高め、現在8万トン前後の販売量を10年で3倍に引き上げることを目指す。幹部社員も現地に送り込む。
 TOKAIは日本国内で積極的なM&A(企業の合併・買収)を仕掛けて顧客基盤を拡大している。さらなる収益力の向上に向け、成長著しいASEAN市場にも目を向ける。2014年にはミャンマーに現地法人を設立。将来的なLPガス販売を視野に、設備工事などで実績を積んでいる。
 TOKAIHDの鴇田勝彦社長は「ASEANでLPガス事業を展開する第一歩。きめ細かいサービスや日本ブランドの安全・安心を売り込んでいきたい」と話している。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿