静岡新聞NEWS

焼津宿泊者にマグロ1年分 6万円相当、抽選で300人 地域経済支援策

(2020/7/4 09:41)

 焼津市は3日、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ地域経済支援策として市内に宿泊する観光客300人を対象に、1人につきミナミマグロ1年分(6万円相当)をプレゼントする方針を固めた。関係者への取材で分かった。
 国の観光需要喚起事業「Go To キャンペーン」に合わせて8~10月の間に実施する。市内宿泊者の中から毎日10人の当選者を選び、30日間抽選を行う。贈るのは、焼津港に水揚げされる天然ミナミマグロ。総務省の家計調査から国民1人当たりの平均的なマグロ消費量を月500グラムと計算し、6キロ分を小分けにして送付する考え。
 マグロ贈呈期間とは別に、市内宿泊費を5千~1万円割引したり、宿泊者5千人に3千円相当の特産品を贈ったりする事業も展開し、観光需要取り込みを目指す。
 7日開会予定の市議会7月臨時会に事業費1億3800万円を盛り込んだ補正予算案を計上する方針。国の臨時交付金を活用する。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿