静岡新聞NEWS

最新技術、オンライン紹介 県と静銀、テックビート7月開催

(2020/6/26 14:00)
テックビートシズオカ2020の開催概要を説明する担当者=25日午後、県庁
テックビートシズオカ2020の開催概要を説明する担当者=25日午後、県庁

 静岡県と静岡銀行は25日、県内企業と首都圏の新興企業をつなぐ「テックビートシズオカ2020」を7月15、16の両日にオンライン開催すると発表した。人工知能(AI)やロボットのほか、新型コロナウイルス禍で需要が高まるリモートワーク、オンライン契約などの最新技術を紹介し、産業創出を図る。
 スタートアップと呼ばれる情報通信技術(ICT)に強みを持つ企業約100社が参加し、300件以上の商談を繰り広げる。台湾デジタル担当大臣オードリー・タン氏が基調講演する。静岡銀の中西勝則会長と食品宅配大手オイシックス・ラ・大地の高島宏平社長による対談もある。
 テックビートは農業版を含め3回目。県庁で記者会見した山田純哉県産業イノベーション推進課長は「県内の産業を活性化し、ICT関連産業の集積につなげたい」と強調。配送業務の効率化や消費者行動パターンの分析など昨年のテックビートの実績についても紹介があった。
 参加希望者はテックビートの公式サイトから申し込む。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿