静岡新聞NEWS

浜松まつり中止、損失73億円 静岡県内最大、対策求める

(2020/3/24 07:21)

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、5月3~5日に浜松市で開催予定だった「浜松まつり」の中止が23日、決まった。シンクタンク「静岡経済研究所」(静岡市葵区)によると、経済損失額は推計で約73億円に上る。県内で2~5月に予定され、中止や延期になったイベントの中で最も大きいという。地元では経済対策を求める声が上がっている。
 同研究所は3日間で過去5年平均の179万人が来場すると想定。うち9割は県内の来場者、1割は県外の来場者とし、飲食と買い物、宿泊、交通費の損失額を推計した。
 2~5月の県内主要イベントの中で損失額は突出して大きく、2位の「伊豆高原桜まつり」(37億円)の2倍近い。同研究所の塩野敏晴主席研究員は「浜松まつりを合わせた主要9イベントの損失額は200億円を超えるとみられる」と指摘する。
 浜松まつり組織委員会の役員で、浜松商工会議所の石黒衆副会頭は23日の組織委の会合で「新型コロナウイルスの影響が深刻化する地域経済にとって、中止はさらなる打撃。活性化策を打ち出してほしい」と市側に要請した。
 鈴木康友市長は「大型予算を組み、国や県と連携してあらゆる経済対策を推進する」と強調した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト