静岡新聞NEWS

ホテルセンチュリー静岡を売却 小田急、ブリーズベイ(横浜)に

(2020/2/27 07:15)
小田急電鉄が売却するホテルセンチュリー静岡=26日午後、静岡市駿河区
小田急電鉄が売却するホテルセンチュリー静岡=26日午後、静岡市駿河区

 小田急電鉄は26日、JR静岡駅南口前のホテルセンチュリー静岡(静岡市駿河区)を運営する子会社の全株式を、3月31日付でホテル運営・再生のブリーズベイホテル(横浜市)に売却すると発表した。ホテルは営業を続けるが、名称は変更予定。従業員169人は引き続き雇用する。
 ホテル小田急静岡の発行済み株式の94・72%を全て譲渡する。売却額は明らかにしていない。
 関係者によると、周辺ホテルとの競合激化に加え、婚礼市場の縮小で婚礼施設の利用が減少傾向にあった。2019年度は宴会利用の減少などで3年ぶりの赤字を見込む。全国でホテルの買収・再生を手掛けた実績があるブリーズベイ社に経営を委ねる。
 ブリーズベイ社は、全国でシティーホテルなどを展開するノウハウを生かし、事業の効率化を図っていくとみられる。
 ホテルセンチュリー静岡は1997年5月に開業。客室数は206。宴会場や飲食施設、婚礼施設を備え、ブリーズベイ社が営業を継続する。
 小田急電鉄は株式譲渡について「業界を取り巻く事業環境が変化する中、将来にわたり上質なサービスを提供するため」(CSR・広報部)と説明している。

 <メモ>ブリーズベイホテル 横浜市に本社を置き、国内外で125店舗を展開するホテルチェーン。2004年創業。ホテルの買収・再生事業に強みを持ち、ビジネスホテルからシティーホテル、リゾートホテルまで幅広く手掛ける。県内では熱海市や伊豆市、富士宮市、掛川市、東伊豆町で7店舗を運営する。19年11月期の売上高は約254億円。従業員数は約3050人。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト