静岡新聞NEWS

弁当・総菜大賞で「あじ揚げ」が入選 遠鉄ストア

(2020/2/25 15:00)
入選した「あじ揚げ」を手にする担当者。手前は新たに売り出した魚の総菜など=浜松市中区
入選した「あじ揚げ」を手にする担当者。手前は新たに売り出した魚の総菜など=浜松市中区

 食品スーパーの遠鉄ストア(浜松市中区)の総菜商品「頭も骨も食べられる純米酒仕立てあじ揚げ」(税抜き198円)がこのほど、全国スーパーマーケット協会主催の「お弁当・お総菜大賞」で入選した。魚の調理が敬遠される傾向が強まる中、新商品も投入して消費者に売り込む。
 あじ揚げは昨年1月に発売し、累計約5万枚を売り上げた人気商品。各店舗の多機能分子調理器でアジの干物を揚げ、丸ごと食べられるようにした。同様に調理したホッケ、イワシなども商品化している。
 魚の総菜は従来から約30種を扱う。今年2月から新たにサバやキンメダイなどの「お魚干物焼き」4種(同268~398円)と、国内産のサケやブリの切り身を使った弁当2種(同580円)も発売し、強化している。
 商品部の担当者は「魚を焼かない家庭が増え、想定以上のニーズを感じている。今後も増やしていきたい」と話す。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト