静岡新聞NEWS

静岡茶市場で初のまつり 試飲、手揉み、鑑定楽しむ

(2020/2/16 08:59)
荒茶の鑑定体験をした来場者ら=15日午前、静岡市葵区の静岡茶市場
荒茶の鑑定体験をした来場者ら=15日午前、静岡市葵区の静岡茶市場

 静岡市葵区の静岡茶市場で15日、新茶シーズンの到来に向けて一般消費者にお茶の魅力を発信する「茶いちばまつり」が初開催された。普段は茶業者の出入りが中心となる市場の機能や役割を広く伝え、静岡茶を身近に感じてもらう狙い。多くの家族連れが訪れ、産地ごとの茶を試飲・購入したり、荒茶の鑑定体験などを楽しんだりした。
 県内茶商や各JAらがブースを設け、こだわりの茶や農産品、オリジナルの緑茶ドリンクを紹介。静岡市茶手揉保存会のメンバーは焙炉(ほいろ)を設置し、昔ながらの手揉み技術を披露した。
 茶市場の機能を紹介するコーナーでは、見本の荒茶に熱湯を注ぎ、来場者たちが味や香りを確かめて取引を体験した。JA大井川の農産物PRユニット「茶果菜」(ちゃかな)もライブやサイン会を行い、会場を盛り上げた。
 

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト