静岡新聞NEWS

「食と農」84社出展、浜松いわた信金が商談会 浜松

(2020/1/23 11:00)
各社が県西部の地場食材を生かした新商品を発信した展示ブース=22日午前、浜松市中区
各社が県西部の地場食材を生かした新商品を発信した展示ブース=22日午前、浜松市中区

 浜松いわた信用金庫は22日、食と農をテーマにした商談会「とおとうみセレクション」を浜松市中区で開いた。県西部の食品メーカーや農業生産法人など84社が出展し、県内外のバイヤー75社に特色のある農林水産物や加工食品を発信した。
 茶商品企画販売の「マッチャカオリジャパン」(同市中区)は、国内で発売予定の無農薬栽培の県産抹茶商品を紹介した。既に中米などで販売実績があり、吉宮しおり社長は「SNSの活用など海外で培ったノウハウを生かし、訪日観光客や日本の若年層に県産抹茶の魅力を伝えたい」と意気込んだ。
 大塚製茶(掛川市)も緑茶の消費拡大に向け、ペットボトルに入るサイズの新開発の細型ティーバッグを出展した。ヤマサ水産(湖西市)は、浜名湖産青ノリの1個40グラム入りの小分けパックなど、外食産業や1人暮らし世帯でも使いやすい商品をPRした。
 同商談会は旧磐田信用金庫時代から5回目で、昨年1月の浜松いわた信金発足後初めて。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト