静岡新聞NEWS

静岡県産材、公共施設向けPR 都内で展示会「モクコレ」

(2019/12/11 07:23)
県産材を使った家具などを売り込んだ商談会=10日午後、都内
県産材を使った家具などを売り込んだ商談会=10日午後、都内

 国産材の製品や加工技術の展示会「WOODコレクション(モクコレ)」が10日、東京・ビッグサイトで開幕した。県内からは家具や建材などを扱う9事業者が出展し、首都圏の公共施設向けを中心にデザインや機能をPRしている。11日まで。
 全国41都道府県から約270業者が出展し、設計事務所やデザイナーなどのバイヤーと商談した。家具製造販売キシル(浜松市南区)は、県産の森林認証材を使った幼稚園・保育園用の棚やテーブルなどを展示。担当者は「流通大手を中心に森林認証の重要性が高まっている」と話した。
 長泉町に工場があるビービーウッドジャパン(東京都)は、薬剤を浸透させて燃えにくくした不燃材を展示。内田建社長は「オフィスの休憩スペースや廊下向けの需要が高まっている」と指摘した。きんぱら(静岡市駿河区)は液体ガラスで加工したヒノキのユニットバスをアピール。高級介護施設などで採用が増えているという。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿