静岡新聞NEWS

ロボット使える人材養成 中小高度化へ講座展開 浜松の支援機関

(2019/9/18 08:16)
実習でロボットの操作法を学ぶ地元企業の社員ら=浜松市北区の日本設計工業
実習でロボットの操作法を学ぶ地元企業の社員ら=浜松市北区の日本設計工業

 浜松市の産業支援機関の浜松地域イノベーション推進機構は、生産現場へのロボット普及を目指し、地元企業の社員を対象にした人材育成活動に乗り出した。実際にロボットを多く使う企業で実習を行い、地域ぐるみでロボットを操作できる人材を育てる。参加者からは「自社での活用をより具体的にイメージできるようになった」と好評を得ている。
 人手不足や生産性向上の対応策として産業用ロボットへの注目が高まる一方、「未導入の中小企業が操作法を学べる場所がない」(同機構)ことから、8月下旬に初心者向けの全5回の連続講座を始めた。
 受講生は浜松市などの製造業12社の生産管理や技術部門の若手、中堅社員。工場自動化装置を手掛ける日本設計工業(同市北区)が講座の趣旨に賛同して協力した。9月上旬の同社工場での実習では、受講生がアーム型ロボットを直接操作し、ロボットに作業をさせるためのプログラム作成の基礎を学んだ。
 ヘルツ電子(同市北区)技術部の久田亮介さん(39)は「ロボットは難しいという心理的な抵抗感がなくなった。今後の仕事に生かしたい」と語った。
 今後も地元先進企業の見学会のほか、11月と来年2月に連続講座を展開する予定。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト