静岡新聞NEWS

JR東海社長、基本協定「結ぶ用意ある」 リニア・大井川流量減

(2019/9/12 07:22)
大井川の流量減少問題に関する基本協定について考えを述べたJR東海の金子慎社長=11日午後、名古屋市
大井川の流量減少問題に関する基本協定について考えを述べたJR東海の金子慎社長=11日午後、名古屋市

 JR東海の金子慎社長は11日、名古屋市で開いた定例記者会見で、リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う大井川流量減少問題の対策を盛り込む基本協定について「(静岡県や利水関係者と)結ぶ用意があるという文書をこれまで積み重ねてきた」などと述べ、利水関係者と引き続き協議して締結を目指す姿勢を示した。ただ、本格着工前の締結は明言しなかった。
 同社は、静岡県に6日提出した中間意見書に対する最終回答に、島田市の染谷絹代市長らが強く求めていた本格着工前の基本協定締結を明記せず、「実施を表明した(流量減少対策や環境保全の)内容は着工前に文書で確認する用意がある。その内容を基本協定として整理することについて県と調整する」と記載するにとどめた。会見でこの点を巡り「(締結という)合意なしで着工する可能性があるのか」と質問されたのに対し、金子社長は「(最終回答に)協定書の内容について県と調整しましょうと書いてある。どうしてそういった質問になるのか理解できない」と不快感を示した。
 また、掛川市の松井三郎市長が求めている水量や水質に影響が生じた場合の補償については「個別のことは、(12、13日に県庁で開かれる環境保全)連絡会議で正確に申し上げたい」と述べるにとどめた。
 トンネル工事中に坑内の湧水が山梨県側に流出し、全量を大井川に戻せないとしている点についても、県の環境保全連絡会議で技術者から詳しく説明するとした。

 ■JR東海社長一問一答
 リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に伴う大井川の流量減少問題を巡り、金子慎JR東海社長は11日の定例記者会見で、流量減少対策を盛り込む基本協定の利水者との締結や、トンネル内に湧き出る水の他県への流出について答えた。
 記者会見での主なやりとりは次の通り。
 -利水者の同意なく静岡工区に本格着工する可能性はあるか。
 「回答書に書いた通り。協定を結ぶ用意があるという文書をこれまで積み重ねてきた。協定書の内容について県と調整しましょうと書いてある。このような質問にどうしてなるのか理解できない」

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト