静岡新聞NEWS

ゼロレジ(静岡)、スマホ決済セルフレジ開発 人手不足解消推進

(2019/8/15 07:51)
人件費削減や業務効率化につながるセルフレジ=静岡市葵区
人件費削減や業務効率化につながるセルフレジ=静岡市葵区

 中小・小規模事業所の人手不足を解消し、キャッシュレス化を推進しようと、システム開発会社「ゼロレジ」(静岡市葵区、小林祐太社長)がタブレット端末を使ったセルフレジシステムを開発した。主に飲食・小売り店の利用を想定する。
 来店客が注文時にタブレット端末を操作し、「LINE Pay(ラインペイ)」「Paypay(ペイペイ)」といったスマホ決済で会計する仕組み。従業員のレジ対応が不要になるため、人件費削減や業務効率化を図ることができる。現金払いも可能で、今後はクレジットカードや電子マネー決済にも対応できるようにする。
 一般的なセルフレジ端末導入費用は1台当たり数百万円とされるが、「このシステムではタブレット端末費用と月額1万円程度の利用料ですむ」(小林社長)。売り上げをリアルタイムで把握することもできるという。創業にあたり、静岡商工会議所内の県よろず支援拠点の支援を受けた。
 問い合わせはゼロレジ<電050(3390)1269>へ。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト