静岡新聞NEWS

静岡県内企業メインバンク、静銀最多 地元地銀と信金上位に

(2019/8/15 07:46)
上位5位銀行・信金のシェア
上位5位銀行・信金のシェア
静岡県内企業のメインバンク数ランキング
静岡県内企業のメインバンク数ランキング

 東京商工リサーチが14日までにまとめた静岡県内企業4万2907社のメインバンク調査によると、最多だったのは静岡銀行の1万6617社で、シェアは38・7%だった。2位は浜松いわた信用金庫の4629社でシェアは10・7%。以下14位までを県内の地銀と信金が占め、県外金融機関の最上位は三菱UFJ銀の15位だった。
 3月末時点の企業データを基に6月末時点の銀行・信金名で比較した。3位以下は清水銀、スルガ銀、三島信金と続き、5位までの銀行・信金でシェアは67・3%を占めた。
 6位は島田掛川信金。7月に合併したしずおか信金と焼津信金はそれぞれ7位と9位で、合わせると3位の水準になる。メガバンクの三菱UFJ銀が24・0%を占める愛知県に比べると、シェア上位に地元金融機関が目立つ。
 東京商工リサーチ浜松支店の担当者は「県内はエリアごとに経済圏があり、地域に密着した地元金融機関のシェアが高くなっている」と分析し、「今後は地銀再編などの全国的な流れが影響する可能性もある」と話した。調査は全国約152万4千社を収める同社データベースから、県内企業が取引するメインバンクを集計、分析した。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト