静岡新聞NEWS

静岡にバンダイ新工場 ガンプラ生産4割増強、2020年秋稼働

(2019/8/3 07:20)
現在のバンダイホビーセンター=静岡市葵区
現在のバンダイホビーセンター=静岡市葵区
国内外で需要が高まっている「ガンプラ」
国内外で需要が高まっている「ガンプラ」

 バンダイスピリッツ(東京都)は2日、静岡市葵区のバンダイホビーセンター敷地内に、新工場を建設すると発表した。2020年秋に稼働させる計画。人気アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデルの生産能力を4割引き上げ、国内外の需要の高まりに対応する。
 >プレーバック 静岡ホビーショー2019
 名称は「バンダイホビーセンター新館」。敷地内に新たな建屋を建設し、ガンプラのパーツを作る多色成形機6台を増設する。平屋建てで延べ床面積は約1500平方メートル。
 「ガンプラ」は累計出荷数5億個を突破している世界的な人気商品。近年は中国などアジアを中心に需要が伸びていて、18年度の年間出荷数は1573万個と10年前の約3倍に増えた。
 20年はガンプラ誕生40周年の節目に当たる。米ハリウッドでガンダムの実写映画を制作する計画もあり、国内外でガンプラ需要が高まるとみて生産能力の増強を決めた。
 ガンプラを生産するバンダイホビーセンターは2006年に竣工(しゅんこう)した。県内にはタミヤやハセガワ、青島文化教材社といった模型メーカーも集積していて、国内模型産業をけん引している。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト