静岡新聞NEWS

エス・トラストがTV最優秀 ラジオは京昌園 県CMグランプリ

(2019/6/20 08:29)
結果を発表する審査員ら=19日午後、静岡市葵区
結果を発表する審査員ら=19日午後、静岡市葵区

 静岡県広告協会(会長・大石剛静岡新聞社・静岡放送社長)は19日、第23回県CMグランプリの最終審査会を静岡市葵区で開き、最優秀賞はテレビ部門がエス・トラスト(同市駿河区)の企業CM「SPUパルちゃんコス」編など3編、ラジオ部門は京昌園(富士市)の企業CM「久しぶり」編を選んだ。
 テレビ部門68作品、ラジオ部門19作品の応募があり、1次審査を通過した計41作品から、審査員長の大坪檀静岡産業大総合研究所長ら専門家4人が選考した。
 大坪氏は「丁寧に作った作品が多い。県内クリエーターの今後に期待したい」と講評した。

 このほかの入賞作品は次の通り。
 【テレビ部門】優秀賞 静環検査センター「原始人はじめての水」編、三幸コーポレーション「ドラキュラ」編、静岡県「県人権仙人2018(高齢者・同和問題)」編など、静京商事「しずおか弁当昼間のデート」編など、富士山静岡空港利用促進協議会「女子大生」編など、静岡第一テレビ「40th出川×社長A出会い」編など▽奨励賞 さとの雪食品「感豆富 一口でしあわせ」編▽一般審査員賞 静環検査センター「原始人はじめての水」編
 【ラジオ部門】優秀賞 マルモ食品工業「出身」編、三幸コーポレーション「ドラキュラ」編、エーエフシー「写真の女」編、コサウェル「嘘のような本当の話シリーズ」、富士急行「迷わせて」編など▽一般審査員賞 富士急行「迷わせて」編など

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト