静岡新聞NEWS

スルガ銀、業務提携で再建へ 新生銀、ノジマと合意

(2019/5/16 07:30)
スルガ銀行決算会見の骨子
スルガ銀行決算会見の骨子

 シェアハウスなど投資用不動産への不正融資で業績が悪化していたスルガ銀行は15日、新生銀行と家電量販店ノジマとそれぞれ同日付で業務提携に基本合意したと発表した。投資用不動産向け融資の全件調査(約3万7千件)の結果も公表し、不正行為が認められた物件数は7813件で、融資額は5537億円に上った。不動産業者が関与するなど「不正の疑いがある」ケースを含めると1兆円を超える。
 スルガ銀が同日発表した2019年3月期連結決算は不正融資に伴う貸倒引当金の計上が影響し、純損益が971億円の赤字だった。
 投資用不動産向け融資の全件調査では、不正が認められた融資のほか疑いがある融資は約860億円に上った。不正に関与したとして行員2人を新たに懲戒処分にした。さらに、行員の不正とは別に、不動産業者が頭金を「立て替えた疑いがある」ケースも約4300億円あると判明。全件調査を受け約9億円の貸倒引当金を追加計上した。
 新生銀行とは、住宅ローンなど個人向けローン、事業承継など法人取引分野での連携を進める。スルガ銀の株式を取得していたノジマとは、クレジットカード事業などを共同で取り組んでいく。
 沼津市内で記者会見した有国三知男社長は両社との業務提携について「新生銀の個人向け融資事業のノウハウと融合すれば新しい物が生み出せる。ノジマとも新しいことが実現できる」と期待感を示した。
 18年10月時点で488億円とされた創業家関連企業への融資残高について有国社長は、保有不動産売却により455億円に減ったと説明。創業家の保有株式取得については「(スルガ銀が)買い取ることも選択肢の一つ」と述べた。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト