静岡新聞NEWS

プラモデル 初心者や教育活用に照準、塗装や組み立て簡素に

(2019/5/9 07:24)
パーツを減らし、初心者にも組み立てやすくした青島文化教材社の「ザ・スナップキット」=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
パーツを減らし、初心者にも組み立てやすくした青島文化教材社の「ザ・スナップキット」=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

 静岡市駿河区のツインメッセ静岡で8日開幕した静岡ホビーショー(静岡模型教材協同組合主催)は、模型メーカー各社が初心者にも作りやすい新製品を相次ぎ投入した。部品の数を少なくしたり、塗装や組み立ての手間を省いたりと「敷居の低さ」をアピール。教育への活用に焦点を当てた商品もあり、需要の掘り起こしと市場の活性化を狙う。
 >アットエス 静岡ホビーショー特集(写真速報)
 青島文化教材社(同市)は自動車プラモデル「ザ・スナップキット」シリーズにトヨタ自動車の「C―HR」を加えた。塗装や接着剤が不要で、パーツは通常の約4分の1。幅広い需要の取り込みを目指す。
 ハセガワ(焼津市)は手のひらサイズのロボットのプラモデル「ちいさなメカトロメイト」を披露した。ニッパーだけで作れる手軽さと「かわいらしさ」(長谷川勝人社長)を前面に出した。両肩や頭、腰を可動させて自由にポーズをとらせることができ、会員制交流サイト(SNS)での発信も想定する。
 タミヤ(静岡市)はプログラミングで動くロボット工作キットの新商品を展示した。担当者は「2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるため注目されているシリーズ。親子で楽しく学んでほしい」と呼び掛けた。
 プラッツ(同)は12分の1スケールの盆栽のプラモデルが人気。パーツを10点前後まで絞り込み、子どもからシニアまで気軽に作る楽しさを提案する。
 初出展のイメージミッション木鏡社(同)は立体の組み立てパズルを並べた。担当者は「遊びながら数学に興味を持ってもらえれば」とPRした。

ハセガワの「ちいさなメカトロメイト」は子どもたちの人気を集めた=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
ハセガワの「ちいさなメカトロメイト」は子どもたちの人気を集めた=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
タミヤが投入したロボット工作セット=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
タミヤが投入したロボット工作セット=8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト