静岡新聞NEWS

静岡ホビーショー開幕 小中高生が「模型の世界」体感

(2019/5/8 10:36)
静岡ホビーショーが開幕し、出展された模型に見入る子どもたち=8日午前、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
静岡ホビーショーが開幕し、出展された模型に見入る子どもたち=8日午前、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
展示を見学する生徒=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
展示を見学する生徒=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

 第58回静岡ホビーショー(静岡模型教材協同組合主催)が8日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で開幕した。初日は初めて設けられた「小中高校生招待日」。県内の子どもたちが早速、プラモデルの製作体験や製造工程の実演などのプログラムを楽しんでいる。
 >アットエス 静岡ホビーショー特集(写真速報)
 会場には、出展各社が多様な体験プログラムを用意した。タミヤはプラスチック製品を加工する射出成形機の実演を披露した。プラスチック材料を金型に流し込み、その場でプラモデルを作成している。青島文化教材社はトヨタ「プリウス」の部品点数を抑えたプラモデル組み立て体験会を展開。ハセガワは12分の1スケールのプラモデル「学校の机と椅子」の製作体験を用意した。このほか、二足歩行ロボットやラジコンメーカー各社による操縦体験会に加え、工具の使い方を指導するプログラムなどが行われている。
 主催する静岡模型教材協同組合事務局の担当者は開幕前、「プラモデルを通じて、ものづくりの面白さや大切さを伝えたい」と意気込んだ。同組合によると、小学生3千人、中学生800人、高校生1400人が来場予定。会場では城南静岡高と静岡聖光学院中の生徒がボランティアスタッフとして活躍している。
 入場無料の一般公開日は11、12の両日。9、10の両日は業者向け商談日。静岡県内外の84社2団体がブースを設け、新作を発表する。

ミニ四駆の製作に臨む子どもたち=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
ミニ四駆の製作に臨む子どもたち=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
開幕した静岡ホビーショーの会場=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡
開幕した静岡ホビーショーの会場=8日午前9時ごろ、静岡市駿河区のツインメッセ静岡

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト