静岡新聞NEWS

有機野菜を生産加工 楽天系、御殿場と伊豆の国で

(2019/4/16 07:14)
テレファームが有機野菜の生産、加工事業に乗り出す農地=御殿場市板妻
テレファームが有機野菜の生産、加工事業に乗り出す農地=御殿場市板妻

 楽天グループのテレファーム(愛媛県)は、御殿場市と伊豆の国市で有機野菜の生産、加工事業に乗り出す。耕作放棄地を含む農地を借りて葉物や根菜類を栽培する。御殿場市板妻地区にカット野菜の工場を新設し、首都圏の提携レストランやコンビニで販売する。
 年内にも試験栽培を始める。サニーレタスやグリーンリーフ、ニンジン、水菜など約120種類を生産する。首都圏への交通アクセスの良さから県東部への進出を決めた。土地は農地中間管理機構が仲介し、6月までに計20・8ヘクタールの農地で賃貸借契約を結ぶ計画。新規就農者も雇用し、経営のノウハウを学んでもらう。
 楽天の安藤公二常務執行役員やテレファームの遠藤忍社長らが15日、県庁に川勝平太知事を訪ね、事業概要を説明した。安藤氏は「耕作放棄地を解消し、雇用にも取り組む。日本最大のカット野菜工場にしていきたい」と話した。
 テレファームは愛媛県を拠点に有機野菜の生産や加工を手掛け、既に楽天のインターネットサービスやナチュラルローソンなどで販売している。今後は首都圏でも販路開拓を進める。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト