静岡新聞NEWS

GW10連休の旅行予約、静岡県内活況 売り切れ相次ぐ

(2019/4/14 07:26)
旅行代理店ではGW期間中のツアーの売り切れが相次ぐ=11日、静岡市葵区のJTB静岡店
旅行代理店ではGW期間中のツアーの売り切れが相次ぐ=11日、静岡市葵区のJTB静岡店

 10連休となる今年のゴールデンウイーク(GW、4月27日~5月6日)を控え、旅行予約が例年以上に好調だ。県内旅行代理店によると欧州、ハワイといった遠距離旅行が人気。ただ、海外を中心に売り切れが相次ぎ、利用者からは「予約が取れない」「価格が高い」との声も。改元にちなんだ旅行商品にも注目が集まっている。
 JTB静岡店(静岡市)では、GWの海外旅行の申し込み人数(2日時点)が前年比2・6倍に増えた。1番人気の欧州が1・5倍、ハワイが3倍と好調で、国内も北海道が3・7倍、沖縄が5倍と前年を大幅に上回る。
 昨年7月ごろから予約が入り始め、10月ごろにはハワイや欧州行きが売り切れに。担当者は「例年に比べて動きがかなり早かった」と驚く。
 静鉄観光サービス(静岡市)は静岡空港発着便のツアーが国内、海外ともにほぼ満席。連休前半の人気が特に高く、28日発のスリランカ7日間ツアーは年明けから予約が相次いだ。「改元のお祝いムードもあり、旅行したいと考える人が多い」と担当者。一方、日帰りのバスツアーなどはまだ空きがあるという。
 例年に比べ長期休暇を取りやすい今年のGW。需要の高まりからツアー価格も高騰し、「普段の2倍以上のケースもある」(大手代理店)。阪急交通社の調査では、「理想の旅行先に行けない」「旅行ができない」と回答した人に理由を尋ねたところ「旅費が高くてあきらめた」が最多の46・6%に上った。
 改元にちなみ、皇室ゆかりの寺社仏閣などを巡るツアーを企画する旅行会社も多い。クラブツーリズムは改元の日に、フジドリームエアラインズのチャーター機で富士山上空から「初日の出」を見るツアーを販売している。

静岡経済の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト