静岡新聞NEWS

映画「樹海村」裾野でロケ 監督が市長表敬、2月5日公開

(2021/1/16 16:30)
すそのんのPRキャラ委嘱状を高村市長(右)に手渡す清水監督=裾野市民文化センター
すそのんのPRキャラ委嘱状を高村市長(右)に手渡す清水監督=裾野市民文化センター

 裾野市内でロケを行い、2月5日に公開されるホラー映画「樹海村」の清水崇監督が15日、市民文化センターに高村謙二市長を訪ね、撮影への協力を感謝した。
 富士の樹海を舞台に、封印された箱がもたらす呪いに巻き込まれる姉妹のストーリー。昨年7月下旬から8月中旬にかけて、同市の十里木高原や市福祉保健会館などで撮影された。市はロケ地の使用交渉、宿泊施設や弁当業者の紹介などの支援を行った。
 清水監督は「ホラー映画にもかかわらず、温かく迎えてくれた。裾野市がなかったらこの企画は成立しなかった。とても心地よく撮影できた」と話した。高村市長は「約3週間にわたって滞在し、宿泊や食事など地域経済にも貢献してくれた。大ヒットを祈っている」と述べた。
 清水監督は市のマスコットキャラクター「すそのん」の映画公式PRキャラクター委嘱状を高村市長に手渡した。市はSNSでの発信など映画のPRを通じ、シティープロモーションやロケ誘致につなげる。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿