静岡新聞NEWS

熱海山口美術館オープン 芸術家養成講座も開講へ

(2020/12/20 20:07)
世界的巨匠の作品を数多く展示する熱海山口美術館=熱海市渚町
世界的巨匠の作品を数多く展示する熱海山口美術館=熱海市渚町

 ルノワール、ピカソ、岡本太郎などの美術作品を数多く所蔵する山口文化財団(さいたま市、山口伸広理事長)は18日、熱海市渚町に所蔵作品を展示するとともに、芸術家の育成活動などを展開する「熱海山口美術館」をオープンした。
 10室の展示室に世界的巨匠の絵画や彫刻、現代アートなど約200点を展示する。外壁には宮田亮平文化庁長官が手掛けたイルカのオブジェを設置した。
 作品を鑑賞するだけでなく、直接触れたり、自分で制作したりする体験メニューを準備している。また、保科豊巳館長(東京芸術大元副学長)らが講師を務め、世界で活躍できる芸術家を無料で養成する講座を4月から開く。受講者は審査して選ぶという。
 同日の開館式には宮田長官や斉藤栄市長も出席した。山口理事長は「熱海から第二の横山大観を育てたい」と抱負を語り、保科館長も「これまでの経験を生かして芸術家を鍛えたい。皆さんに愛される熱海の名所にしたい」と述べた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿