静岡新聞NEWS

バレエやダンス 豊かな表現披露 浜松で祭典

(2020/10/5 11:45)
「バレエ・ダンスの祭典」で、息の合ったステージを繰り広げる出演者=浜松市中区のアクトシティ浜松
「バレエ・ダンスの祭典」で、息の合ったステージを繰り広げる出演者=浜松市中区のアクトシティ浜松

 浜松市民文化フェスティバルの「バレエ・ダンスの祭典」(浜松市文化振興財団主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が4日、同市中区のアクトシティ浜松で開かれた。浜松洋舞家協議会の加盟教室と一般公募団体が、合わせて8ステージを披露した。
 新型コロナウイルスの影響で例年より短い約2時間の開演時間となったが、各出演団体は「このような時だからこそ、踊りのエネルギーを届けたい」との思いで練習に励んだという。華やかな衣装で舞台に上がり、音楽に合わせて表現力豊かなバレエやダンス、現代舞踊を披露した。
 同フェスティバルは市民文化祭として、8~11月に開いている。今年は吹奏楽や美術作品展など多くの分野が中止になったが、バレエ・ダンスの祭典は入場者数を制限して実施した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿