静岡新聞NEWS

油性ボールペンで欧州の風景画 静岡・葵区で叙情画展

(2020/9/17 16:06)
油性ボールペンで描かれた欧州の風景画=静岡市葵区のギャラリー樹
油性ボールペンで描かれた欧州の風景画=静岡市葵区のギャラリー樹

 静岡市清水区の美術講師渋谷たかしさん(69)によるボールペン叙情画展が20日まで、同市葵区のギャラリー樹で開かれている。9種類の油性カラーボールペンを駆使して描いた欧州の風景画など12点が並ぶ。渋谷さんは30年以上前から、趣味の一環でボールペン絵画を始めた。数少ない色を塗り重ね、筆圧の強弱によって濃淡やバリエーションを広げるなど独自の技法を編み出した。使用するのは太さ0・7ミリの油性ボールペンで、絵画の繊細さを追求している。
 会場には3年間在住経験のあるドイツの西洋建築物や、オランダの水辺に沈む夕景画など情緒あふれる作品が並び、来場者を楽しませている。渋谷さんは「油彩画やアクリル絵の具とは異なる雰囲気を感じてほしい」と述べた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿