静岡新聞NEWS

伝統「ろうけつ染め」色鮮やか 浜松・中区で9月6日まで展示会

(2020/8/30 19:00)
「ろうけつ染め」の技法を用いて制作した作品が並ぶ会場=浜松市中区の市鴨江アートセンター
「ろうけつ染め」の技法を用いて制作した作品が並ぶ会場=浜松市中区の市鴨江アートセンター

 浜松市中区の市鴨江アートセンターで29日、同市在住の染色作家桂川美帆さんの作品展「風をまたぎ光とおよぐ」が始まった。9月6日まで。
 日本に古くから伝わるろうを使った伝統染色「ろうけつ染め」の手法で、同センター内で制作した作品など約10点を展示した。縦155センチ、横56センチの絹8枚をびょうぶのように並べた作品では、植物の発芽から開花、枯れていく過程を色鮮やかに表現した。色彩や模様のバランスで人間の欲求を表現するなど、意欲的な染色作品をそろえた。
 桂川さんは「コロナ禍を通じて感じたことをテーマに据えた。少しでも軽やかな気持ちになってくれたらうれしい」と話した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿