静岡新聞NEWS

スケスケピアノの中身はどう? 掛川で体験型展示、生物や楽器の仕組み想像

(2020/7/23 08:25)
構造が透けて見えるクリスタルピアノなどを体験できるスケスケ展=掛川市生涯学習センター
構造が透けて見えるクリスタルピアノなどを体験できるスケスケ展=掛川市生涯学習センター

 “内部を想像する”をテーマにデジタル技術やアートを楽しむ体験型展覧会「スケスケ展」(静岡新聞社・静岡放送主催)が22日、掛川市生涯学習センターで開幕した。透明な素材で造られた楽器、透明な殻をかぶったヤドカリなど普段見えないものの中身に触れられる作品やアトラクション約100点を展示した。8月30日まで。
 ものの仕組みや構造を想像する好奇心を高めてもらおうと、福岡県の映像制作会社「空気」などが2年前から全国展開する展覧会。文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されている。
 センシング技術を用いた「にんげんスケスケ」は、大型スクリーンの前で手足を動かすと骨格の映像が同じ動きを見せる。河合楽器製作所のクリスタルピアノを使った「スケスケピアノ」は、音の出る仕組みを自由に弾きながら確かめられる。
 液晶テレビの構造が分かる偏光板メガネ、小動物の透明骨格標本など、大人が興味をかき立てられる展示も多い。初日は市内の園児が観覧に訪れ、歓声を上げながら体験を楽しんだ。
 入場料は高校生以上1100円、小中学生900円、3歳以上の未就学児700円。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿