静岡新聞NEWS

世界のパディントン続々”集合” 浜松美術館、準備進む 

(2020/7/9 08:55)
主要なぬいぐるみコレクションを展示する職員=浜松市中区の市美術館
主要なぬいぐるみコレクションを展示する職員=浜松市中区の市美術館

 浜松市中区の市美術館で11日に開幕する「くまのパディントン展」(市、静岡新聞社・静岡放送主催)に向け、作品の搬入・展示作業が8日、館内で進められた。
 英国の作家マイケル・ボンド原作の児童文学「パディントン」シリーズがテーマ。主人公の子グマのパディントンが巻き起こす騒動をユーモラスに描いた物語で、6人の作家による絵本の挿絵や4こま漫画、世界各国の翻訳書、主要なぬいぐるみコレクションなどを展示室で紹介する。
 館内には、作中に登場する骨董(こっとう)店を再現したセットや、パディントンのパネルとともに写真撮影ができるフォトスポットを設けた。絵本やポストカード、マグカップなど関連グッズの販売コーナーもある。
 関係者による開会式と内覧会を10日に行う。同展は9月13日まで。開館は午前9時半~午後5時。月曜休館(8月は無休)。
 問い合わせは同美術館<電053(454)6801>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿