静岡新聞NEWS

浜松市内でロケ、映画「弱虫ペダル」の撮影振り返る 同市出身の竹山プロデューサー、市長に報告

(2020/6/20 09:05)
浜松市内8カ所でのロケを振り返る竹山さん=同市役所
浜松市内8カ所でのロケを振り返る竹山さん=同市役所

 8月14日から全国公開される映画「弱虫ペダル」(三木康一郎監督)の制作管理を統括したプロデューサー竹山昌利さん(66)=浜松市出身=が18日、同市役所に鈴木康友市長を訪ね、市内8カ所での撮影を振り返った。
 作品は人気漫画が原作で、高校自転車部の青春を描く。物語の舞台設定は千葉県だが、ロケの約4割は「海、山、川、街がそろっている」という浜松市で2、3月に実施。浜名湖ガーデンパーク(西区)や遠州大橋(南区)、船明ダム(天竜区)の付近が登場する。
 新型コロナウイルスの感染拡大で4、5月は撮影を中断。6月に再開し、17日完了した。竹山さんは「浜松は東京からアクセスがいい。浜松に撮影所を造るのが私の念願」と語り、鈴木市長は「いいですね」と共感した。
 主演は永瀬廉さん、伊藤健太郎さん、橋本環奈さん。市はロケ地巡りの観光客を呼び込もうと、中区の浜松魅力発信館ザ・ゲート・ハママツにロケ地紹介の展示を設ける予定。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿