静岡新聞NEWS

ゴーギャン、若冲、草間弥生さん… 静岡県美術館で109点紹介

(2020/6/14 08:16)
所蔵品や寄託品からえりすぐりの名画を紹介する展示会=静岡市駿河区の県立美術館
所蔵品や寄託品からえりすぐりの名画を紹介する展示会=静岡市駿河区の県立美術館

 静岡県立美術館の所蔵品や寄託品の中から109点を紹介する「美の競演-県美名品展」が13日、静岡市駿河区の同館で始まった。人気の高い西洋画に加え、日本画や独創的な現代美術などが並ぶ。28日まで。
 モネの「ルーアンのセーヌ川」やゴーギャンの「家畜番の少女」、国重要文化財の池大雅の「蘭亭曲水・龍山勝会図屏風」、ます目を付けて描いた伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」を展示。前衛芸術家の草間弥生さんや、焼津市出身の故石田徹也さんの作品も飾られている。
 同展は、東京五輪・パラリンピックの公認プログラムとして開催。関連企画として、えりすぐりの日本画を公開する「きらめく日本画」(30日~7月12日)、「富士山をめぐる」(同14日~8月16日)、「激突!東西の狩野派」(同18日~9月13日)の3回の展示会も開催する。
 同館の担当者は「名画をまとめて鑑賞できる貴重な機会を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト