静岡新聞NEWS

三島・佐野美術館が再開 「宇宙の旅」展、8月30日まで

(2020/6/13 08:19)
宇宙空間の天体写真が並ぶ「138億光年 宇宙の旅」=三島市の佐野美術館
宇宙空間の天体写真が並ぶ「138億光年 宇宙の旅」=三島市の佐野美術館

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、4月から約2カ月にわたり休館していた佐野美術館(三島市)が12日、営業を再開した。5月末に終了する予定だった企画展「138億光年 宇宙の旅」(佐野美術館、三島市、市教委、静岡新聞社・静岡放送主催)は会期を8月30日まで延長し、宇宙空間をとらえた神秘的な天体写真を紹介している。
 企画展では、米航空宇宙局(NASA)の惑星探査機、観測衛星、地上600キロの上空を周回するハッブル宇宙望遠鏡などが撮影した約100点が並ぶ。ガスが噴き上がり真っ赤に燃えさかる太陽の表面、月から見た地球、逆光に浮かぶ土星など壮大な空間が映し出されている。国立天文台などが観測した「ブラックホールの影」も見ることができる。
 入館前に非接触の体温測定、消毒などの感染防止策を行う。入館料は一般・大学生1100円、小中学生・高校生550円。木曜休館。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト