静岡新聞NEWS

シャチ台基礎か、痕跡発見 鋳型つる装置の構造解明へ 韮山反射炉・発掘調査

(2020/6/10 08:01)
シャチ台の柱の基礎部分とみられる痕跡=8日、伊豆の国市の韮山反射炉(市提供)
シャチ台の柱の基礎部分とみられる痕跡=8日、伊豆の国市の韮山反射炉(市提供)
明治期の反射炉とシャチ台の写真(江川文庫所蔵)
明治期の反射炉とシャチ台の写真(江川文庫所蔵)

 伊豆の国市は9日、発掘調査を行っている世界遺産・韮山反射炉で鋳型を出し入れする「シャチ台」と型乾燥小屋とみられる施設の痕跡を発見したと発表した。シャチ台は大砲の鋳型を鋳台に出し入れする際にクレーンの役割を担う装置。明治期に撮影された写真には、反射炉本体のそばに設置されている様子が残されている。
 調査の結果、深さ約15センチ、1辺約1・4メートルの四角形の穴に直径20センチほどの石が約10個見つかった。柱の基礎部分とみられ、発見された位置も1872年の陸軍省文書の記録と一致する。写真ではシャチ台の下部が草に隠れていて詳細が分からなかったため、正確な構造の解明に役立つという。
 古絵図で型乾燥小屋があったとされる調査区域では、固く踏みしめられた土間状の遺構約5平方メートルも見つかった。市文化財課の担当者は「絵図などでしか分からなかったことの証明に向け、価値のある成果が得られた」と話した。
 調査は5カ年計画の2年目で、5月中旬から実施した。13日には午前11時半と午後1時半の2回、調査の現地説明会を開催する。申し込み不要。問い合わせは同課<電055(948)1428>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿