静岡新聞NEWS

所蔵洋画家作品集、3冊目を自費出版 長泉の私設美術館オーナー

(2020/5/21 20:36)
後藤愛彦さんの作品を収めた3冊の画集を手にする山崎真実子さん=長泉町
後藤愛彦さんの作品を収めた3冊の画集を手にする山崎真実子さん=長泉町

 長泉町東野の私設美術館「メゾン・マミ」のオーナー山崎真実子さん(72)がこのほど、同館所蔵作家の洋画家後藤愛彦さん(1905~91年)の代表作をまとめた画集「生涯一画学生」を自費出版した。開館から丸5年を迎え、地域住民らに美術作品を触れる機会を創出しようと制作を進めた。山崎さんは「芸術的な環境が整うこの地を拠点に、たくさんの人に美術の素晴らしさを伝えたい」と語る。
 東京都出身の後藤さんは第2次世界大戦後、約1年間ミャンマー(旧ビルマ)で捕虜として生活し、帰国後は九州を拠点に活動した。70歳でフランスに留学するなど精力的に創作に取り組んだ。
 画集は、サハラ砂漠を心象で描いた代表作「サハラ」をはじめ自由なタッチと色彩で描いた油彩画など作家活動の遍歴を追った作品約80点を収めた。自画像を中心にした「後藤愛彦VISAGE」、ビルマでの生活を描いた復刻版「緬甸(ビルマ)画稿」に続く3冊目。画集は全国の美術館や図書館に寄贈している。
 同館は新型コロナウイルスの影響で、4月上旬から臨時休館している。山崎さんは「コロナが収束したら画集の出版記念展を開催する予定。収めた魅力的な作品の数々を展示するので見に来てほしい」と話した。画集に関する問い合わせは同館<電055(955)8770>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト