静岡新聞NEWS

牧之原「勝間田城」に御城印、5日発売 売上金を環境整備に活用

(2020/4/4 09:52)
5日に発売する県指定史跡「勝間田城」の御城印=牧之原市
5日に発売する県指定史跡「勝間田城」の御城印=牧之原市

 牧之原市の静岡県指定史跡「勝間田城」の御城印が完成した。地域住民らが展開する「勝間田区絆づくり事業」の一環で作成。地域活性化を目指し、全国で人気が高まっている城巡りの記念として5日に発売する。
 勝間田城は、地域や学校の名称になっている武将の勝間田氏が戦国時代初期に築いたとされる山城。発掘調査を基に復元整備されていて、城の愛好家や歴史ファンらが訪れている。
 御城印のサイズは縦16センチ、横10センチ。和紙に勝間田氏の家紋と伝わる「向い鶴」をプリントした。作成に携わった加藤正直さん(41)は「これを機に、もっと多くの人に勝間田城を知ってもらいたい」と話している。
 1枚300円(税込み)。売り上げは城の環境整備に活用する。景観保全のため、木の伐採や草刈りなどに充てられる見込み。同市勝間の扇松堂菓子店で購入できる。水曜定休。問い合わせは同店<電0548(28)0036>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト