静岡新聞NEWS

明治から昭和のひな人形並ぶ 静岡・清水区

(2020/3/17 09:00)
明治から昭和までのひな人形が並ぶ展示会=静岡市清水区蒲原の国登録有形文化財「旧五十嵐邸」
明治から昭和までのひな人形が並ぶ展示会=静岡市清水区蒲原の国登録有形文化財「旧五十嵐邸」

 静岡市清水区のNPO法人旧五十嵐邸を考える会は4月12日まで、同区蒲原の国登録有形文化財「旧五十嵐邸」で恒例の「いろいろな時代のおひなさま展」を開いている。
 地域住民などから寄贈され、同邸で所蔵する明治から昭和までの御殿飾りや箱雛(びな)、七段飾りなど約30組のひな人形が並ぶ。石川県の伝統工芸品「加賀水引細工」の作品も同時展示し、華やかな飾りが来場者の関心を集めている。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト