静岡新聞NEWS

みこし型ひつぎ「龕(がん)」発見、昭和初期まで使用か 浜松

(2020/3/13 07:57)
松本喜裕理事長らにより発見、復元された葬礼道具の龕=浜松市天竜区春野町の瑞雲院
松本喜裕理事長らにより発見、復元された葬礼道具の龕=浜松市天竜区春野町の瑞雲院
1930年の葬礼で龕の使用が確認できる写真(NPO法人県伝統建築技術協会提供)
1930年の葬礼で龕の使用が確認できる写真(NPO法人県伝統建築技術協会提供)

 浜松市天竜区春野町の瑞雲院でこのほど、昭和初期ごろまで葬礼の際に用いられたとみられるみこし型のひつぎ「龕(がん)」が発見、復元された。県内での現存例は極めて珍しく、市は地域遺産や文化財としての認定・保存も視野に調査を進める方針。
 「こんなものがあるとは知らなかった」-。2月上旬、同院の祭典で初めて公開された龕の姿に、檀家(だんか)らは一様に驚きの声を上げた。一辺約1メートルの正方形で、高さは約1・4メートル。外装は漆や金で装飾され、鳳凰(ほうおう)の飾りも施されている。檀家総代の伊藤晋一郎さん(80)も「初めて見た。地区の歴史を伝えるもの。大事に残していきたい」と語る。
 見つかった龕は、本堂横の倉庫に分解されて保管されていた。同院山門などの修理を手がけたNPO法人県伝統建築技術協会(松本喜裕理事長)が昨年の台風19号の被害調査で訪問した際、松本理事長(65)の目に留まった。調査により、1930年の葬儀に龕が写っている写真や使用料や注意書きの記された木板も発見。少なくとも昭和初期までは同院で使用されていたことが確認された。
 龕は遺体を埋葬地や火葬場まで運ぶ「野辺送り」の際に使われた葬礼道具。土葬が一般的だった昭和初期までは広く全国で用いられていたが、火葬の一般化に伴い霊きゅう車がその役割を代替。徐々に葬礼の場から姿を消していった。
 松本理事長は「漆を使っていて豪華な造り。地元の名士の葬儀に使われたのかも。民俗資料としても貴重では」と推察する。
 市文化財課は「山間地の葬礼文化を知る上で大変貴重なもの」と評価。今後は制作年代や使用例などの調査を行う予定という。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト