静岡新聞NEWS

「ふじのくに せかい演劇祭」GWに静岡で6作品 SPAC発表

(2020/2/27 07:31)
演劇祭の開催をPRするSPACの宮城聰芸術総監督(中央)ら=26日午後、静岡市駿河区
演劇祭の開催をPRするSPACの宮城聰芸術総監督(中央)ら=26日午後、静岡市駿河区

 静岡県舞台芸術センター(SPAC)は26日、ゴールデンウイークに静岡市内で開催する「ふじのくに せかい演劇祭」の概要を発表した。SPAC新作を含む6作品をはじめ、演劇を通じた関連イベントを行う。宮城聰芸術総監督らが市内で記者会見し「さまざまな立場や境遇を演劇で示し、寛容な社会に寄与できればと思う」と語った。
 4月25日の開幕を飾るフランス作品「空を飛べたなら」は、出自や分断を題材にした恋愛サスペンス。ロシア作品「OUTSIDE」は、政府によって軟禁状態に置かれた演出家が制作を進めたという。
 このほかブラジルやスイスの注目作品が集まる。
 SPACは劇作家唐十郎さんの戯曲による新作「おちょこの傘持つメリー・ポピンズ」を上演。東京五輪・パラリンピックの組織委員会の共催イベントとなる「アンティゴネ」の公演も同時開催する。
 会期中に市街地各所で演劇やダンスを繰り広げる「ストレンジシード」は、これまでに国内外17組の出演が決まっている。演劇をテーマにした公開トークも実施する。
 問い合わせはSPACチケットセンター<電054(202)3399>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト