静岡新聞NEWS

京アニ元社員大村さん絵本「生きた証し」 松崎の図書館に展示

(2020/2/19 08:25)
絵本「うーちゃんのまつざき」の見開き1ページ=静岡県の松崎町立図書館
絵本「うーちゃんのまつざき」の見開き1ページ=静岡県の松崎町立図書館

 京都アニメーション放火殺人事件で犠牲になった京都府宇治市の大村勇貴さん=当時(23)=の絵本が、松崎町立図書館で展示されている。菊川市出身の大村さんが、常葉大(静岡市)在籍時に同町を訪れて作ったもので、「大村さんの生きた証しがここにある」と町職員。訪れた多くの人が手に取っている。事件は18日で発生から7カ月となった。
 大村さんは昨年3月に常葉大造形学部を卒業し、4月、京アニに入社。そのわずか3カ月後の悲劇だった。
 大村さんが松崎町を訪れたのは大学3年の時。造形学部の学生約20人が、松崎町を題材にした絵本を制作する地域交流事業で、町内の住民や観光地を取材するため、3回ほど足を運んだ。
 学生を案内した同町職員の深沢準弥さん(52)は「他の学生がにぎやかにやっている後ろで、地元の人の話にじっと耳を傾けていた大村さんの姿が印象に残っている」と振り返る。数カ月の制作期間を経て、大村さんは24ページの「うーちゃんのまつざき」を完成させた。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト