静岡新聞NEWS

吉岡大塚古墳、復元現場を公開 掛川、市民ら眺望楽しむ

(2020/2/16 12:49)
葺石で固められた古墳の斜面=掛川市高田
葺石で固められた古墳の斜面=掛川市高田

 掛川市は15日、復元工事中の吉岡大塚古墳(同市高田)の現地説明会を開いた。ほぼ復元を終えた前方後円墳を公開し、市職員が歴史や構造を解説した。約40人が参加した。
 同古墳は古墳時代中期にこの地域を治めた有力者の墓とされる。葺石(ふきいし)で固められた墳丘斜面は長年強度を保っていたとみられ、2017年度からの工事では斜面南側に約2万5千個の石を葺き、築造時の姿の再現を試みた。土に樹脂を混ぜた壁材に、河原の丸い石を隙間なく埋め込む工法で、地元小学生も作業を手伝ってきた。
 高さ7メートルの頂上に登れる階段と、中腹をぐるりと1周できる中段の通路も設置。北側半分は復元前の姿を残すため、盛り土して保全した。参加者は丁寧に敷き詰められた葺石を観察し、頂上の眺望を楽しんだ。
 今後はかつて墳丘に並んでいたはにわを復元し、周辺の遊歩道やトイレ、休憩所を建設して2021年度末に工事を完了させる。完了までは現場の立ち入りが規制される。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト