静岡新聞NEWS

静岡「不思議の国のアリス展」 2月1日開幕へ展示準備

(2020/1/30 08:56)
展示作品のチェックを慎重に行う学芸員=29日午前、静岡市葵区の市美術館
展示作品のチェックを慎重に行う学芸員=29日午前、静岡市葵区の市美術館

 静岡市葵区の市美術館で2月1日に開幕する「不思議の国のアリス展」(静岡新聞社・静岡放送など主催)の展示準備が29日、同館で行われた。関係者が、作品の状態を確かめながら配置した。
 同展は、世界中で親しまれているルイス・キャロルの著書「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を中心に、その魅力に迫る。日本初公開となるジョン・テニエルの挿絵下絵を含む約190点を展示。アリスの世界観を表現したエリック・カールや山本容子、清川あさみらの作品もあり、物語の原点から現代までの展開を見ることができる。学芸員の高橋哲也さんは「バラエティーに富んだ作品を楽しんでほしい」と話す。
 会期は3月29日まで。2月16日と3月14日に学芸員によるスライドトークを行うほか、2月22日~3月22日の毎週土、日曜に、飛び出すカードを作る「オープンアトリエ」を開催。毎週水曜午後4時以降に入場すると、各日先着50人にオリジナルステッカーをプレゼントする。問い合わせは同館<電054(273)1515>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿