静岡新聞NEWS

「徳川将軍と文化」書画で 直筆など81点、2日から東京都内

(2020/1/1 14:01)
徳川家将軍の自筆の書画などが並ぶ企画展=東京都内
徳川家将軍の自筆の書画などが並ぶ企画展=東京都内

 徳川歴代将軍が江戸文化に果たした役割を紹介する企画展「天下泰平-将軍と新しい文化の創造」が1月2日から2月16日まで、東京都墨田区の江戸東京博物館で開かれる。
 同館と徳川宗家、徳川記念財団が所蔵する作品を集め、将軍や文化的特徴で5章に区分。初代家康の一行書「花鳥風月」や3代家光の筆と伝わる「架鷹図屏風」など将軍直筆の書画や、幕府御用絵師狩野派の作品など81点を出品した。
 生類憐(あわれ)みの令を発したことで知られる5代綱吉の章では、生き物を愛護していたことが分かる動物の絵画や、実直な人柄がうかがえる自筆の書を展示した。歴史書の編さんや貴重な文化財の収集が始まった11代家斉の時代の展示物には、一部初公開となる「古代裂帳」もある。
 同館の担当者は「新たな文化の創造に貢献してきた将軍の姿を知ってもらいたい」と話した。常設展観覧料(一般600円)で見学できる。1月2、3日は観覧無料。休館日は1月6、27日、2月3、10日。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト