静岡新聞NEWS

絶滅テーマに企画展 静岡・地球環境史ミュージアム

(2019/11/30 08:49)
ナウマンゾウの牙などを展示する企画展=29日午後、静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアム
ナウマンゾウの牙などを展示する企画展=29日午後、静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアム

 静岡市駿河区のふじのくに地球環境史ミュージアムの企画展「大絶滅-地球環境の変遷と生物の栄枯盛衰」が30日から、同ミュージアムで開かれる。2020年4月5日まで。
 絶滅に焦点を当てた企画展。同市清水区で5月に発見されたナウマンゾウの牙の化石をはじめ、三葉虫など古生物の標本、ティラノサウルスのレプリカ化石など約130点が並ぶ。
 古生代~中生代にかけて起きた地球史上最大の絶滅と、中生代~新生代にかけて起きた絶滅を二つの展示室で学べる。黒板を模した展示室の緑の壁には絶滅の理由や生き物の絵が描かれている。
 恐竜を絶滅させた巨大隕石(いんせき)の衝撃が分かる貴重な岩石標本も展示される。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト