静岡新聞NEWS

「紙わざ大賞」入賞作品紹介、11月末まで都内

(2019/11/27 07:47)
紙の特性を生かしたアート作品が並ぶ「紙わざ大賞」入賞作品展=26日午後、東京・有楽町の東京交通会館
紙の特性を生かしたアート作品が並ぶ「紙わざ大賞」入賞作品展=26日午後、東京・有楽町の東京交通会館

 紙を使ったアート作品を募った「第29回紙わざ大賞」(特種東海製紙主催)の入賞作品展が26日、東京・有楽町の東京交通会館で始まった。30日まで。入場無料。
 全国から応募があった354点のうち、入賞・入選した79点を展示した。和紙や紙ひも、新聞紙、段ボールなどさまざまな紙の特性を生かし、折ったり切ったりねじったりして作り上げた作品が並んだ。大賞に輝いた作品は東京都の三笠蓬莱さんの「犬」。和紙をはさみで細く切って全身の毛一本一本を表現し、美しい毛並みに仕上げた。
 県内からは、和紙で作った魚や昆虫、植物で夢想を表現した羽根田英世さん(島田市)の作品「白昼夢」が一般投票によるPam賞を受賞したほか、入選と準入選に4個人1組の作品が選ばれた。
 県内の入選と準入選者は次の通り。
 入選 たんぽぽ(島田市)曽根雅子(浜松市中区)小池千重(沼津市)保崎一乃(静岡市葵区)▽準入選 Kirie・k・t(浜松市南区)

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト