静岡新聞NEWS

初の高校生2人最高賞 ふじのくに芸術祭美術、写真展開催 静岡

(2019/11/26 07:33)
入賞・入選作が飾られたふじのくに芸術祭美術部門美術展・写真展=24日、静岡市駿河区の県立美術館
入賞・入選作が飾られたふじのくに芸術祭美術部門美術展・写真展=24日、静岡市駿河区の県立美術館

 ふじのくに芸術祭美術部門美術展・写真展(県、県教委など主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が、静岡市駿河区の県立美術館で開かれている。美術展では最高賞の県芸術祭賞(4点)に、高校生の作品2点が選ばれた。12月1日まで。
 県によると、県芸術祭賞を4点選出するようになった2001年以来、高校生の複数受賞は初めて。受賞したのは油彩画の吉川知邑さん、彫刻の江上麟太郎さんで、いずれも清水南高3年。吉川さんは波打ち際に立つ人が海に背を向け、たたずむ様子を描き、江上さんは人がほおづえをつき、物思いにふける姿を表現した。
 ほかの受賞者は彫刻の馬渕誠さん(浜松市西区)と水彩画の斎藤雅紀さん(同市南区)。写真展の芸術祭賞(1点)は市川宏さん(富士市)が受賞した。
 美術展には応募があった314点のうち、入賞・入選作187点を、写真展は234点のうち、60点をそれぞれ展示している。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト