静岡新聞NEWS

俳句を若い世代に 出身の浜松で若手・高柳さん顕彰展

(2019/11/22 17:30)
俳句をモチーフにした絵画や映像などの展示品を説明する高柳克弘さん=11月中旬、浜松市中区のクリエート浜松
俳句をモチーフにした絵画や映像などの展示品を説明する高柳克弘さん=11月中旬、浜松市中区のクリエート浜松

 浜松市出身で若手実力派の俳人として活躍する高柳克弘さん(39)の顕彰事業「ことごとく未踏~俳人・高柳克弘の世界展」が来年2月16日まで、同市中区のクリエート浜松で開かれている。高柳さんの句をモチーフに若手芸術家が制作した絵画、映像作品なども展示されている。
 高柳さんは2004年に史上最年少で俳句研究賞を受賞し、俳句雑誌「鷹」編集長に就任。「俳句王子」と呼ばれ注目されている。18年度の同市教育文化奨励賞を受賞し、市が顕彰事業を企画した。
 「俳句を若い世代につなげたい」という高柳さんの考えで、同市出身の画家山田優アントニさん、音楽家の小島ケイタニーラブさん、劇作家カゲヤマ気象台さんら若手芸術家のコラボレーション作品も展示している。
 俳句になじみが薄い人に作句してもらおうと、会場に設けた机の引き出しに貝殻や腕時計、人形などを入れ、「形やにおい、触感などから俳句の言葉を考えて」と呼び掛けている。このほか、葉の形をした紙に言葉を書き、枯れ木の絵に貼り付ける立体造形もある。
 会場はクリエート浜松5階の浜松文芸館。入場無料。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト