静岡新聞NEWS

奈良時代を再現、国司衣装で行列 磐田・国分寺まつり 箏曲披露、出土瓦も展示

(2019/11/10 08:23)
奈良時代の衣装に身を包んだ地元関係者らの「国司一行国分寺参拝行列」=磐田市
奈良時代の衣装に身を包んだ地元関係者らの「国司一行国分寺参拝行列」=磐田市

 磐田市の遠江国分寺(国特別史跡)の歴史や文化を学ぶ「国分寺まつり」(実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が9日、同市の遠江国分寺史跡公園周辺で開かれた。
 奈良時代の国司などの衣装に身を包んだ実行委員会のメンバーや地元住民ら約50人が、「国司一行国分寺参拝行列」と銘打ち、JR磐田駅前から同公園までを華やかに練り歩いた。ことしは天皇陛下即位に合わせ、聖武天皇役と光明皇后役が行列の先頭を務めた。
 大橋芳隆実行委員長は「磐田には1300年の歴史がある。当時の雰囲気に浸ってほしい」とあいさつした。
 同公園内では、地元の高校生が箏曲の演奏を披露したほか、同市文化財課が、同史跡から出土した瓦などを展示した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト