静岡新聞NEWS

古典文学から藤枝学ぶ 11月24日まで、文学館で企画展

(2019/10/13 07:42)
西行像などが公開されている文学館企画展「藤枝の古典文学」=藤枝市郷土博物館・文学館
西行像などが公開されている文学館企画展「藤枝の古典文学」=藤枝市郷土博物館・文学館

 藤枝市郷土博物館・文学館で11月24日まで、文学館企画展「藤枝の古典文学」が開かれている。月曜休館(祝日の場合は翌日休館)。
 奈良時代の「万葉集」から江戸時代の「東海道中膝栗毛」まで作品に登場する志太地域や藤枝を紹介している。宇津ノ谷峠を訪れて詠まれた「伊勢物語」の和歌や、西行が岡部に立ち寄った際に詠んだとされる「西行物語」の和歌などを取り上げている。
 藤枝市岡部町の専称寺が管理する市指定文化財の「西行像」も展示している。同寺以外での公開は初めてという。
 関連イベントとして、11月4日午前11時から静岡英和学院大元教授の沢田正子さんを講師に招いた講演会「『伊勢物語』から東下りを読む」を開催する。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト