静岡新聞NEWS

銅版画や絵画、現代社会に警鐘 東京で柳沢さん(掛川)個展

(2019/9/12 07:51)
現代社会に対する思いを込めた作品が並ぶ柳沢紀子さん(右から2人目)の個展=9日、東京・銀座の養清堂画廊
現代社会に対する思いを込めた作品が並ぶ柳沢紀子さん(右から2人目)の個展=9日、東京・銀座の養清堂画廊

 現代美術家柳沢紀子さん(79)=掛川市=の個展が21日まで、東京・銀座の養清堂画廊で開かれている。原発事故やテロなど人間の愚かさに警鐘を鳴らし、平和への思いを込めて制作した19点を展示している。
 専門とする銅版画だけでなく、岩絵の具や木炭などさまざまな画材を用いて描いた「ミクストメディア」の絵画も並ぶ。ここ2年間で手掛けた新作が中心という。
 タカやオオカミ、ウシなど生命力あふれる動物と、チェルノブイリの風景やユダヤ教会などさまざまなモチーフをコラージュした抽象的な作品が多く、人間の行為に対する皮肉や現代社会の陰を表現している。
 柳沢さんは「人間が人間を痛めつけている社会へのメッセージがコアにある」と説明する。
 入場無料。14日午後3時からは、柳沢さんと作家で東京経済大図書館長の徐京植さんの対談も予定している。
 15、16日は休廊。問い合わせは同画廊<電03(3571)1312>へ。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト