静岡新聞NEWS

笛や小鼓…能楽器に挑戦 熱海・MOA美術館で親子ら

(2019/8/22 09:06)
能楽器の演奏を体験する参加者=熱海市のMOA美術館
能楽器の演奏を体験する参加者=熱海市のMOA美術館

 熱海市のMOA美術館は21日、同美術館で能楽教室を開いた。静岡県内外の参加者が能楽器の演奏体験や能・狂言の鑑賞などを通して、伝統芸能の魅力を学んだ。
 演奏体験では、親子連れら約80人が能楽に用いられる笛、小鼓、大鼓、太鼓の演奏に挑戦した。参加者は講師から普段触れる機会の少ない楽器の持ち方や掛け声を出すタイミングについて説明を受けた後、真剣な表情で演奏を繰り広げた。
 親子で参加した中学生の女子生徒(東京都三鷹市)は「能楽器の演奏は初めてで、笛は難しかった。太鼓をたたくのが一番面白かった」と笑顔を見せた。
 このほか、能楽師の辰巳満次郎さん、狂言師の野村萬斎さんらが出演する能「土蜘」、狂言「柿山伏」の上演と演目解説、辰巳さんによる能楽講座も実施した。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト