静岡新聞NEWS

巨大イカできた! 書道、生き物生態学ぶ 静大で親子向け教室

(2019/8/10 09:15)
書道作品を組み合わせて巨大なイカのオブジェを作り上げた子ども=静岡市駿河区の静岡大
書道作品を組み合わせて巨大なイカのオブジェを作り上げた子ども=静岡市駿河区の静岡大

 静岡大の教員や卒業生らでつくる「書と生き物愛好会」は9日、書道や生き物の生態を学ぶ教室「イカした書」を静岡市駿河区の同大で開いた。参加者はイカ墨や植物の汁で作った液体で文字を書いたり、書道作品を組み合わせて巨大なイカのオブジェを作ったりして交流を深めた。
 イカを解剖して墨袋から取り出したイカ墨のほか、パプリカや小松菜、クチナシを使って赤や緑、黄色などの“墨”を作った。子どもたちは色とりどりの液体で文字や絵を紙に書き、下敷きに仕上げた。グループに分かれて三角形や長方形の書道用紙にも思い思いの文字を書き込んだ。紙を組み合わせてイカの形に仕上げ、完成品を比べ合った。
 教室は10日も開催し、2日間で約70人の親子連れが参加予定。

静岡芸能・文化の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト